@5ちゃんねる

オモシロスレッドまとめブログ

    タグ:自殺

    5
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/06/27(水) 12:17:47.29 ID:Z9Z/hEWJ0● BE:887141976-PLT(16001)
    中国で19歳の女子学生がビルの上から飛び降り自殺をしようとしているとして騒動になった。
    しかし問題はその自殺を観に来た群衆たちだ。

    自殺を観に来た人達は「早く飛び降りと」と女性を煽り、スマートフォンで動画や写真撮影、中にはストリーミング配信を
    行っていた者もいた。

    自殺騒動があったのは6月20日の15時頃で、甘粛省のホテル。ホテルの窓枠に腰掛けて自殺しようとする女性学生を
    一目見ようと人が集まり出だし、驚くべきことに自殺を止めるどころか「なぜまだ生きてる」、「早く飛び降りろ」、
    「暑いから早くして」、「ジャンプしろ」と煽った。

    女性は騒動から約4時間半が経った19時30分頃に実際に飛び降り死亡してしまった。飛び降りる直前に消防隊が
    女性の腕を掴み自殺を止めたが、女性は消防隊員に「ありがとう、死ななくちゃいけないみたい」と言葉を残して手を振りほどき落下した。

    飛び降りた瞬間に集まっていた人は拍手し大喜び。その様子をSNSへ拡散したり、投げ銭目的でライブストリーミングしたりする者で溢れた。

    死亡した女子学生は、2年前の学校で教師に性的暴行を受けた後、うつ病を患ってきたことが分かった。
    地元警察は「女子学生の自殺を煽ったり、動画をアップロード人々を見つけ逮捕する」と伝えた。
    ネットユーザーたちは「集まっていた人の行動は間接的な殺人だ」と猛烈に非難。

    ■過去に似たような事例が数々……
    2005年にも似たような事件があり、中国で5歳の女の子が公衆トイレで見知らぬ男性に性暴行を受けていたところを
    40人の民衆が誰一人として止めること無く見学していた。
    同2005年には5歳の女の子が池の水に落ちたが、100人以上の人が集まるもそれを見ているだけで誰一人として助けることはなく、
    女の子は溺死してしまった。

    no title

    no title

    no title

    no title

    女性が飛び降り自殺して喜ぶ群衆
    no title

    【中国で19歳の美少女が飛び降り自殺 群衆が集まり「早く飛び降りろ!」と煽り、飛び降りたら拍手と歓声】の続きを読む

    5
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)00:41:37 ID:cAt
    2018年3月、愛媛県松山市を活動拠点にする農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」メンバーだった
    大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が、自宅で首を吊り亡くなった。
    (中略)
    亡くなった3月21日の朝、萌景が一緒にいたお友達とそのお母さんに、
    「私の(「愛の葉Girls」で活動した)2年間は何だったんだろう、夢を返してほしい」
    「社長(Sさん)に裏切られた。社長に1億円を払うように言われた」
    と話していたと、あとから聞いて本当にショックでした。
    契約書には「ペナルティ料」の項目があり、規定違反や義務の不履行、タレント活動への事前連絡なしの不参加、
    遅刻の場合などにギャランティの50パーセント、または100パーセントをカット、足りなければ事務所から請求する旨が記されています。
    「1億円」というのは、Sさんが「違約金」をにおわせた発言だったと思えてならない。
    (以下略)
    http://bunshun.jp/articles/-/7433

    【【悲報】ローカルアイドル、辞めたいと言ったら違約金1億円請求され…】の続きを読む

    4
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/24(土)19:24:37 ID:0Ld
    愛媛県松山市を拠点に、農作業もする農業アイドルとして活動してきた「愛の葉Girls(えのはがーるず)」の人気メンバー、大本萌景(おおもと・ほのか)さんが21日に16歳の若さで亡くなりました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000002-wordleaf-ent

    愛の葉Girls事務局からのお知らせ (愛の葉Girls オフィシャルサイト)
    http://enohagirls.com/?p=8028

    【【訃報】「農業アイドル」大本萌景さんが死去 16歳】の続きを読む

    このページのトップヘ