@5ちゃんねる

オモシロスレッドまとめブログ

    カテゴリ: ニュース

    3
    1: アーモンドクッキー ★ 2018/08/28(火) 22:06:43.52 ID:CAP_USER9
    鹿児島市の民家に侵入し、女性用の下着を盗んだとして、介護士の男(48)が窃盗の疑いで逮捕された。男の自宅からは約300点の下着が見つかった。

    鹿児島中央警察署の会議室に並べられた約300点の女性用の下着は、鹿児島市の民家に侵入し女性用の下着2点を盗んだ疑いで28日に逮捕された、
    鹿児島市真砂町の介護士・伝睦男容疑者(48)の自宅から押収されたもの。
    警察によると、被害者の自宅のベランダの防犯カメラに下着を盗む伝容疑者の姿がうつっていて、自宅を調べたところ、約300点の女性用の下着が見つかった。
    伝容疑者は、4年ほど前から盗みを繰り返していたと容疑を認めていて、警察は余罪などについて詳しく調べを進めている。

    リンク先に動画あり

    2018年8月28日 19:40 日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2018/08/28/07402567.html

    【【鹿児島】逮捕の介護士宅から、女性用下着300点 】の続きを読む

    4
    1: @くコ:彡 ★ 2018/08/31(金) 09:16:52.91 ID:CAP_USER9
    ・昼下がりの帰り道 無言のスカートめくり…バカっぽい 北区

     きょう(30日)昼過ぎ、東京・北区で帰宅途中の女子生徒が、背後から近づいてきた不審な男からスカートをめくられる被害にあったとして、警察に110番通報が寄せられた。

     痴漢被害があったのは、30日午後0時50分ごろ、北区浮間2丁目のJR埼京線「浮間舟渡駅」周辺で、自宅に帰る途中の女子生徒の背後に男が急接近し、無言でスカートをめくったあと、駆け足で逃走したというもの。

     被害者によると、男の年齢は20~30代、身長175センチ前後、中肉体型で、髪はボサボサ頭、白のTシャツに黒っぽいズボンを履き、黒いリュックサックを背負っており、終始無言だったという。

    no title


    2018年08月30日 17時36分 ハザードラボ
    https://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/6/26228.html

    【【東京】昼下がりの帰り道 無言のスカートめくり バカっぽい 北区】の続きを読む

    3
    1: 十手ひとすじ ★ 2018/08/31(金) 21:11:14.60 ID:CAP_USER9
    8/31(金) 20:38配信 カナロコ by 神奈川新聞
    (写真)
    見つかった方の不発花火玉(相模原市消防局提供)


     30日夜に相模原市緑区大島で開かれた「日々神社例大祭奉納花火大会」で、打ち上げられた花火玉のうち2発が不発に終わり、うち1発が行方不明になっていることが31日、分かった。

     相模原市消防局が同日、発表した。同消防局は「発見しても持ち上げたり動かしたりせず、最寄りの消防署や警察署へ連絡してほしい」と呼び掛けている。

     同消防局によると、行方が分からない花火玉は直径約12センチの4号玉。午後8時から、3号玉(直径約9センチ)と合わせて計95発が打ち上げられたが、
    4号玉2発が不発だった。1発は31日に打ち上げ場所の畑地内に落下しているのが発見されたが、もう1発は見つかっていないという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00029047-kana-l14
    最終更新:8/31(金) 20:49
    カナロコ by 神奈川新聞

    【【神奈川】 不発の花火玉が見つかりません 相模原市が注意呼び掛け】の続きを読む

    3
    1: 樽悶 ★ 2018/08/31(金) 16:41:22.11 ID:CAP_USER9
    https://lpt.c.yimg.jp/im_siggep9JayFGVj3ucbb0mwOAgg---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20180831-00000003-hokkaibunv-000-thumb.jpg

     札幌市豊平区の僧侶の自宅で、頭部を切断された男女の遺体が見つかった事件で、遺体は僧侶の男の妻と長男であることが分かりました。

     この事件は、8月25日、札幌市豊平区の僧侶、長岡雅人容疑者(60)の自宅の風呂場で、頭部を切断された男女の遺体が見つかったもので、長岡容疑者が、死体損壊・遺棄の疑いで逮捕・送検されています。

     遺体は妻・木ノ美さん(58)と長男・親良さん(19)と判明しました。

     長岡容疑者は「首を絞めた」「やってはいけないことをした」などの供述をしています。

     動機については「悟りを開く知らせが来た」などと意味不明な話をしていて、警察は長岡容疑者の刑事責任能力についても調べています。

    8/31(金) 10:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000003-hokkaibunv-hok

    【【北海道】遺体は妻と長男と判明 逮捕の僧侶「悟りを開く知らせが来た」など意味不明な話も 札幌死体損壊・遺棄事件】の続きを読む

    3
    1: プティフランスパン ★ 2018/08/30(木) 19:58:36.25 ID:CAP_USER9
    2018年08月30日 10:30
    no title


    ボリビアで世界最高齢の女性が見つかり、大きな話題を呼んでいる。この女性の年齢はギネスブックにも記載されていなかった。理由は単にこの女性のことが知られていなかったからだ。

    世界最高齢女性はフリア・フロレス・コルケさん118歳。コルケさんは1900年10月26日にサカバ市のケチュア人の家庭に生まれた。コルケさんは人里離れた土地で家畜に囲まれ、たった一人で暮らしており、伝統的な民族楽器を演奏するのを趣味としている。

    https://twitter.com/ascardoso/status/1034828688418689024

    コルケさんは長寿の秘訣について健康的な食べ物と語る一方で、時にはケーキや清涼飲料水を摂取することもあると打ち明けている。コルケさんは生涯孤独で子どももいない。
    コルケさんは事実上、世界の女性最高齢者となった。1901年5月2日に生まれ、ギネスブックに「存命中の女性最長寿」として記録され、117歳で今年7月に死去した日本の都千代さんより高齢。
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【国際】ボリビアで新たな世界最高齢女性(118歳)が発見される 長生きの秘訣は?】の続きを読む

    3
    1: しじみ ★ 2018/08/30(木) 16:32:19.99 ID:CAP_USER9
    温暖化による海水温の上昇でフグの生息域が北上し、雑種化が進んでいる。北海道や東北で水揚げが増えてフグを食べる機会が広がる中、雑種は毒の含有部位が異なる可能性があるが、見た目で判別しにくい。業界団体は「より高い技術が求められるのに調理資格の基準に地域差がある」と指摘し、食中毒を起こさないよう国に調理資格の厳格化を求めている。

    「フグの雑種は6年前から急激に増えた」と指摘するのは水産大学校の高橋洋准教授(魚類遺伝学)だ。高橋准教授が宮城県の気仙沼漁港で「ショウサイフグ」と「ゴマフグ」などの漁獲調査をしたところ、約1250匹のうち2割強が雑種だったという。

     ゴマフグはもともと日本海側に生息。高橋准教授によると、海水温の上昇で北上して津軽海峡を越え、太平洋側まで生息域が広がり、ショウサイフグとの交雑が進んだとみられるという。

     フグは中毒物質「テトロドトキシン」を持つが、種ごとに精巣や皮、筋肉など毒を含有する部位が異なる。雑種は毒の部位が違う可能性があるため現在は漁師らが市場に出回らないようにしているものの量が増えると、見た目の判別も難しく、流通する恐れも高まる。

     今後、調理師はさらに高い技術と知識が必要になる。ただ調理資格は各都道府県の条例に基づき資格を与えるため、基準には地域差がある。

     全日本ふぐ協会(京都市)によると、中国、四国、九州地方では、山口県が学科と実技の両試験を課すなど試験の合格が必要。一方、4月時点で北海道や東北地方は講習のみで調理資格が得られる。調理する人が少なかったことが背景にあるとみられるが、取得条件がゆるいとの指摘もある。

     温暖化の影響で、フグの漁場も北陸沖以南から北上している。

     農林水産省によると、産地として以前から知られる中国と九州では16年に1618トンで10年前から3割減ったが、北海道と東北を合わせた漁獲量は16年は1215トンで10年前の2.3倍に増加。漁獲量が増え、東北地方ではフグのブランド化に取り組む自治体も増えている。

     こうした状況に危機感を強めているのがフグの料理店や卸業者の関係者らだ。今月21日、東京・築地に集まり「ふぐサミット2018」を開催して、フグの雑種の増加を巡って議論。翌22日には厚生労働省を訪れ、都道府県で異なる調理の資格を国家資格として統一するよう要望書を提出した。

     ふぐサミットの代表を務めたフグ料理店「ともえ」(京都市)の亀井一洋さんは「十分な技術を持たない調理師が食中毒を引き起こすことで、フグ料理の信用を失いたくない」と訴える。

     食中毒などに詳しい奈良県立医科大の今村知明教授(公衆衛生学)は「まずは各自治体が調理資格をしっかりと見直すべきだ。それでもフグの食中毒が頻発するようならば、調理資格を国家資格にする検討も必要になるのではないか」と話している。

    no title

    no title

    no title


    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34742520Z20C18A8CC1000/

    【【社会】危ない「雑種フグ」増加中 毒の部位不明、判別も困難】の続きを読む

    3
    1: みつを ★ 2018/08/31(金) 09:12:40.54 ID:CAP_USER9
    https://www.cnn.co.jp/world/35124871.html

    セクハラに抗議した女性を殴打、男逮捕 パリ
    2018.08.30 Thu posted at 18:30 JST

    パリ(CNN) パリの検察当局は30日までに、市内中心部のカフェ前の路上で先月24日、性的嫌がらせの発言をした男と対決した女性が顔を殴られた事件に関連し、容疑者を逮捕し、拘束していることを明らかにした。

    被害者の女性マリー・ラゲールさんはこの後、泣き寝入りせず暴行場面をとらえた監視カメラの映像をフェイスブック上に公開し、女性のセクハラ被害に対する国際的な論議を呼ぶ反響を引き起こしていた。また、女性への嫌がらせ被害を共有し合うインターネットフォーラムも創設していた。

    CNNの取材に応じたラゲールさんによると、被害は第16区の路上で帰宅途中に起きたもので、すれ違った男が非常にみだらな言葉などを浴びせてきた。怒ってうるさいなどと言い返したところ、灰皿を投げ付けてきた。

    ラゲールさんが侮辱の言葉で応酬したところ、男が戻ってきて顔を殴られていた。異変に気付いたカフェの客が立ち上がって男に対峙(たいじ)する事態ともなっていた。
    仏国会はこの事件から1週間後、みだらかつ屈辱的、威嚇的などの内容のセクハラ発言を禁じる新法を可決。公な嫌がらせ行為に対しては現場で90~750ユーロ(約1万1790~約9万8250円)の罰金も想定している。

    仏人口問題研究所の2015年調査によると、女性回答者の20%がからかいの口笛を受けた被害を報告。侮蔑行為は8%、1年にわたり公の場所でつけ回された体験は3%、物理的な暴力は1・3%が経験していた。同調査の回答者は2万7000人だった。

    【【フランス】セクハラに抗議した女性を殴打、男逮捕 先月、動画で話題に パリ】の続きを読む

    3
    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [ニダ] 2018/08/30(木) 22:36:17.67 ID:EXGBH6r60● BE:201615239-2BP(2000)
     電車内で下半身を露出したとして公然わいせつ罪に問われた千葉県警の男性巡査(26)に対し、東京高裁(合田悦三裁判長)が「故意は認められない」と判断して一審・千葉地裁の有罪判決を破棄し、逆転無罪判決を出していたことがわかった。判決は今月10日に確定し、巡査は復職したという。

     巡査の弁護人を務めた佐藤大和弁護士によると、巡査は2016年10月31日昼ごろ、JR千葉駅(千葉市中央区)に停車中の電車内で下半身を露出したとして、17年3月に同罪で在宅起訴された。「家でズボンをはきかえた時か、トイレに行った時にチャックを閉め忘れただけだ」と訴えたが、一審・千葉地裁は有罪だと判断し、罰金30万円の判決を言い渡した。

     これに対し、今年7月26日の東京高裁判決は巡査のズボンのチャックが開いていたうえ、下着も開口部が開きやすいタイプだったと指摘。下半身が出ていたとしても、「露出する意思を持っていたと認定することはできない」などとして無罪を言い渡したという。

     巡査は起訴されてから休職したが、無罪判決が確定して復職したという。巡査は佐藤弁護士を通じ、「冤罪(えんざい)被害者を増やさないため、声を上げていきたい」とコメントした。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8Z6GNHL8ZUTIL050.html

    【下半身露出も男性巡査が逆転無罪「チャックを閉め忘れ、はみ出ただけで故意ではない」】の続きを読む

    このページのトップヘ